Hello, Again

昔、ブログをやっていました。

タイトルはJAM LIFE。そののちa*BERRY JAM。
今思い出すとこっぱずかしさしかないこのブログには、大好きだったJUDY AND MARYと同級生のKくんへの想いが詰まっていました。

無駄にテンションが高い、夢見がちのJCのブログにはなぜかたくさんの人が集まってくれて、コメントを頂いたりアドレスを交換してメールをしたり、ブログから生まれた交流は15歳のわたしにとって秘密のおもちゃ箱みたいなキラキラした宝物でした。

でも、大学に入学したくらいの頃から、実生活が忙しく楽しくなって、だんだんとブログも書かなくなり、それと同時にブログで知り合ったお友達との交流もいつの間にか途絶えてしまいました。

 

ブログのお友達にはいろいろな人がいたけれど、その中でも特に印象に残っている子がいます。
名前はまほちゃん。わたしより2つ年下の女の子。
大人っぽくて、穏やかで優しくて、わたしの知らないことをたくさん知っている彼女に、わたしはこっそり憧れていました。
彼女のことも、彼女の書く文章も大好きでした。

 

ブログを辞めてからも、彼女のことだけはずっと気になっていました。
自分が関係を放置してしまったのに勝手だけれど、彼女との縁がこのまま消えてしまうのは嫌だったのです。


わたしは時々、彼女のことを探しました。
昔のブログを見に行くとき、昔お気に入りだったウェブページを開くとき…
どこかでまた現在の彼女に会えるんじゃないかと期待しては破れの繰り返しでした。

 

そんな彼女に、昨日再会することができました。
きっかけはハロー!プロジェクトです。
おもむろにハロメンの名前やグループ名で検索をかけること、わたしはよくTwitterでこれをするのですが、その途中でなんとなく彼女を思い出させるアカウントを見つけました。
人違いかもしれないし、もし彼女本人だったとしても今更出てきて何なのか、ずっと探してたのかって引かれるかもしれないとも思ったけれど、どうしても諦めたくなくて、フォローリクエストを送りました。
承認されるまで、心臓はドキドキでした。


1時間くらい待ったのかな。
5年ぶりに話す彼女は変わらず優しく穏やかで、わたしはうれしくて涙が出そうになりました。
わたしのことを覚えていてくれてありがとう。
広いインターネットの世界で彼女に出会えたこと、違う時間を過ごしても同じものを好きになってまた出会えたこと、奇跡みたいにうれしかった。
まほちゃん、ありがとう。

 

あの頃にはもう戻れないけれど、今のわたしでまたいつかあの時のみんなに会えたらいいな。
Cinderella Complexを通じて、またいろいろな人と出会えたらいいな。
と思った幸せな夜でした。